クスサンの幼虫にびっくり!

クスサンは山繭蛾の仲間で栗の木に付く栗毛虫、その姿からシラガジジイ(或いはシラガタロウ、白髪太夫)とも呼ばれている。
まだ雪のある春先、森でクスサンを見たことがあります。繭は網袋のようで「すかし俵」と言われている。
栗の木の葉はすっかり食べつくされ、幼虫の数の多さにびっくりしました。
f0212586_14244364.jpg

[PR]
by hiro_yoko2 | 2015-07-04 14:24